ニフクラロゴ

ニフクラFAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 708
  • 公開日時 : 2010/06/09 19:46
  • 更新日時 : 2021/09/10 11:31
  • 印刷

自動フェイルオーバー(HA機能)についてどのようなものか教えてください。

回答

自動フェイルオーバー(HA機能)とは、お客様のサーバーが稼働している物理サーバーで
故障が発生した時に、自動的に別物理サーバーで起動する機能です。
 

ニフクラコントロールパネルから作成したサーバーのHA

 
自動フェイルオーバー(HA機能)を有効にした物理サーバー同士は互いに死活状態を監視しており、
ある物理サーバーの応答が確認できないことを他の物理サーバーが検知すると、それが故障によるものなのか、
一時的な不通状態なのか(お客様のサーバーを稼働させる上で問題ない状態なのか)等、
様々な観点で判断され、判断の結果故障であると断定された場合、
故障した物理サーバー上で稼働していたお客様のサーバーを別の物理サーバーで起動させます。
 
お客様のサーバーは再起動することになりますが、
データや現在設定されているIPアドレス、「付替IPアドレス」などは引き継がれ
停止時間を最小限に抑えることができます。
 
なお、ニフクラの自動フェイルオーバー(HA機能)では vSphere HA を採用しておりますため、
機能詳細につきましては、下記のVMware社の公開情報をご覧ください。

http://pubs.vmware.com/vsphere-55/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vsphere-esxi-vcenter-server-55-availability-guide.pdf
※外部サイトのため、リンク切れの際はご容赦ください。
 

ニフクラOVMから作成したサーバーのHA

 
自動フェイルオーバー(HA機能)を標準提供しておりますが、
詳細な機能や注意事項につきましてはサービス仕様書をご確認ください。

▼ニフクラOVM(Oracle Database利用環境) サービス仕様書
https://pfs.nifcloud.com/service/ovm.htm#spec
 
・HA動作時はサーバーが再起動するため、あらかじめお客様自身で
 サービスの自動起動設定などを行ってください。
・Oracle製品をご利用中のサーバーに関しましては、自動フェイルオーバー(HA機能)が働きません。
 詳細につきましては、下記リンク先の注意事項をご確認ください。

Oracle製品をニフクラ上でご利用いただくには 注意事項

HA動作があったかどうかはコントロールパネルや障害・お知らせ通知で確認することができます。

HAの発生はどのように確認できますか?

HAが発生しましたが、原因は開示していますか?

アンケート:ご意見をお聞かせください