ニフクラロゴ

ニフクラFAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 トラブルシューティング 』 内のFAQ

61件中 11 - 20 件を表示

2 / 7ページ
  • SSHログイン時にユーザー認証画面から先に進まない

    『原因として考えられる事1』 秘密鍵のファイル選択を誤っている事が考えられます。 『対処方法1』 対象のサーバーと選択している秘密鍵の設定をご確認ください。 『原因として考えられる事2』 お客様にてSSH接続ユーザーの公開鍵設定を変更いただいている場合に記述内容を誤っている可能性が考えられます。 『対処方法2』 コンソール機能にてサーバーに接続いただき、公開鍵設定ファイルの... 詳細表示

    • No:92
    • 公開日時:2011/01/13 15:10
    • 更新日時:2019/06/21 21:06
  • Red Hat Enterprise Linuxでyumが使えない。

    以下のFAQをご参考ください。 公式FAQ【サブスクリプション付のRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を作成し、 Red Hat Subscription Management(RHSM)へ登録したところyumが使えなくなった。】  https://faq.support.nifcloud.com/faq/show/152?site_domain=def... 詳細表示

    • No:79
    • 公開日時:2011/10/17 09:16
    • 更新日時:2019/06/20 13:29
  • コントロールパネルにログインできません

    以下のケースが想定されます。 想定ケース1 入力されたニフクラID、およびログインパスワードが誤っている可能性があります。 [解決方法] 大文字小文字の間違いがないか、不要なスペースなどが入っていないかなど、ご確認ください。 ニフクラIDは半角でアルファベット3桁に数字5桁が続く形式となっており、パスワードは大文字小文字の区別がございます。 想定ケース2 ... 詳細表示

    • No:169
    • 公開日時:2010/02/24 15:33
    • 更新日時:2021/07/19 16:48
  • サーバー上で時刻のずれが確認された。

    コントロールパネルより以下の機能をご利用いただくと対象サーバーのVMware時刻同期設定がdisableとなります。 恐れ入りますが以下のFAQをご参考いただき、お客様にて時刻同期設定をenableへ変更いただくか、NTPによる時刻同期を実施ください。 【対象となる機能】 ・イメージ配布 ・VMインポート ・パブリックイメージ ・サーバーコピー(サーバーコピーにてコピー元とコ... 詳細表示

    • No:50
    • 公開日時:2013/05/21 19:38
    • 更新日時:2019/06/21 20:18
  • SSL証明書の申請内容を誤ってしまった場合の対処を教えてください。

    申請いただいた内容の修正はできません。 新規にて正しい情報のSSL証明書の申請を実施ください。 なお、誤った内容で申請しているSSL証明書につきましては 以下の手順にて申請の削除を実施ください。 【サイバートラスト社SSL証明書の場合】 1.SSL証明書の申請内容確認がサイバートラスト社より電話にてございます。  その際に申請内容を誤ったため、申請を取り下げたい旨を回答くださ... 詳細表示

    • No:573
    • 公開日時:2013/02/06 13:24
    • 更新日時:2020/06/04 13:42
  • ダウンロードしたSSHキーを紛失しました。再発行することはできますか?

    できません。 セキュリティを考慮した仕様のため、SSHキーの作成(ダウンロード時)後は弊社システム側にも残っておりません。 コンソール機能でサーバーに接続いただく際はSSHキーは不要なため、お客様にてコンソール操作を行い、SSH設定のご対応を実施ください。 クラウドヘルプ【サーバー:コンソール】 https://pfs.nifcloud.com/help/server/con... 詳細表示

    • No:106
    • 公開日時:2010/02/24 18:58
    • 更新日時:2021/01/13 11:18
  • OSの起動処理にてメンテナンスモードへのログインを求められる。

    ニフクラで提供しているサーバーは初期状態ではrootユーザーにパスワードは付与されておりません。 そのため、お客様にてサーバー作成後にrootユーザーのパスワードを設定いただいていない場合、 メンテナンスモードへのログインはできません。 なお、事象修復の可否はわかりかねますが、以下の手順にてサーバーの操作が行える場合がございます。 1.コントロールパネルより対象サーバーのコン... 詳細表示

    • No:53
    • 公開日時:2013/02/27 11:02
    • 更新日時:2021/01/13 11:21
  • Windows Serverでインターネットオプション、セキュリティータブのレベルのカスタマイズが行えない

    Windows Serverでは、標準状態でInternet Explorerセキュリティ強化の構成(Internet Explorer Enhanced Security Configuration)の設定が有効となっており、こちらが有効となっている場合は、インターネットオプションのセキュリティにおいて、レベルのカスタマイズが行えない仕様となっております。 レベルのカスタマイズを行う... 詳細表示

    • No:89
    • 公開日時:2011/06/08 16:16
    • 更新日時:2019/06/21 21:03
  • Device type not supportedというエラーがログに出力されている

    利用環境がLinuxOSの32bitで、以下のファイルに該当するメッセージが出力されていることをご確認ください。 ファイル名:/var/log/messages メッセージ:TPVMLPD: Device type not supported [影響] お客様影響無し。 ログの出力が気になる方のみ[対処方法]を実施ください。 [原因] 【VMwareKB】(参考) h... 詳細表示

    • No:72
    • 公開日時:2012/03/22 14:27
    • 更新日時:2019/06/03 11:42
  • Windows Serverに「正規品ではありません」、または「ライセンス認証されていません」と表示が出る。

    サーバーのライセンス認証が完了していない可能性が考えられます。 本事象は以下の操作を実施してサーバーを作成した場合に発生する可能性がございます。 ・サーバーコピー ・カスタマイズイメージからサーバー作成 ・VMインポート ・その他、OSがライセンス違反と判断した場合 [原因として考えられること1] 対象のサーバー上でドメイン名の解決ができない場合に事象が発生します。... 詳細表示

    • No:49
    • 公開日時:2013/05/29 20:05

61件中 11 - 20 件を表示