ニフクラロゴ

ニフクラFAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2379
  • 公開日時 : 2019/12/04 16:32
  • 印刷

従量料金DBサーバーの利用料金はどのように計算されますか?

回答

DBサーバーが作成完了し利用可能になった時点から、DBサーバーの削除が完了した時点までの
DBサーバータイプおよびディスク容量の利用時間に基づいて計算されます。 
 
  • DBサーバーのステータスが「作成中」の場合は課金されません。
    DBサーバーのステータスが「作成中」から「稼働中」に遷移した時点から課金されます。
  • 利用時間は1時間単位(分以下繰り上げ)となります。
  • 月をまたいでの利用は、月末にて一旦課金を締め、月初を起点に1時間単位で計算をしなおします。
  • 利用途中でDBサーバータイプおよびディスク容量を変更した場合は、
    その都度利用しているDBサーバータイプおよびディスク容量の従量料金が積算されます。
 
○計算方法 
 
 利用料金 = (DBサーバータイプの利用時間 * DBサーバータイプ単価)
      + (ディスク容量の利用時間 * ディスク容量単価) 
 
 ※ 冗長構成(データ優先)を利用する場合、待機系DBサーバーのDBサーバータイプ、
   および、ディスク容量の利用料金も発生します。
 ※ 冗長構成(性能優先)やリードレプリカを利用する場合、リードレプリカのDBサーバータイプ、
   および、ディスク容量の利用料金も発生します。
 

計算例1. 新規作成したDBサーバーを、ディスク容量変更後、削除した場合

 


計算例2. 新規作成したシングル構成のDBサーバーを、冗長構成(データ優先)変更後、
再度シングル構成に戻し、削除した場合

 


計算例3. 新規作成したシングル構成のDBサーバーを、冗長構成(性能優先)変更後、
再度シングル構成に戻し、リードレプリカとDBサーバーをそれぞれ削除した場合

 


計算例4. サーバータイプを変更し、月をまたいで利用した場合

 
 
 
▽ご参考 
料金【ニフクラ エンジニアリングパーツ 料金一覧】 
料金【ご利用料金の計算方法について】 

アンケート:ご意見をお聞かせください