ニフクラロゴ

ニフクラFAQ(よくあるご質問)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 733
  • 公開日時 : 2016/11/18 11:48
  • 更新日時 : 2019/10/08 16:42
  • 印刷

ディスク受取サービス(VMインポート)で、持ち込み対象の1サーバーの容量が2TBをオーバーした場合、 持ち込みする方法はありますか?

回答

2TBをオーバーした場合は持ち込みできませんが、
「ディスク受取サービス(VM インポート)」と「ディスク受取サービス」を併用することにより、
持ち込みすることが可能となります。

「ディスク受取サービス(VM インポート)」は、お客様が専用ディスクにOVFファイルを格納し、
富士通クラウドテクノロジーズ(以下、「弊社」という)に送付後、
弊社がVMインポートを実施するサービスです。
「ディスク受取サービス」は、お客様が専用ディスクにデータを格納し、
弊社に送付後、弊社がお客様作成の増設ディスクにデータを転送するサービスです。

利用するには、「ディスク受取サービス(VM インポート)」と
「ディスク受取サービス」の申し込みが必要となります。
 

ご利用例


元のサーバーの容量が以下の場合で利用する場合についてご説明します。
  • 仮想ディスク1: 500GB
  • 仮想ディスク2:1000GB
  • 仮想ディスク3:1000GB
  • 仮想ディスク4:1000GB
【2TB上限の専用ディスク①②③を使用する場合】
  • 仮想ディスク1と仮想ディスク2について、「ディスク受取サービス(VM インポート)」を利用します。
    ↑専用ディスク①に保存します
  • 仮想ディスク3と仮想ディスク4について、「ディスク受取サービス」を利用します。
    ↑専用ディスク②③に保存します
専用ディスク①:仮想ディスク 1: 500GB(OVFファイルを格納)
        仮想ディスク 2:1000GB(OVFファイルを格納)
専用ディスク②:仮想ディスク 3:1000GB(データを格納)
専用ディスク③:仮想ディスク 4:1000GB(データを格納)
弊社にて、「仮想ディスク1」をローカルディスク、「仮想ディスク2」以降を
増設ディスクとしてVMインポートを実施いたします。

※「ディスク受取サービス(VM インポート)」のMAXは、2TBとなります。
 VMインポート自体はHDDを1つしか認識しないため、
 必ず2TBに収まるようにOVF化していただく必要があります。
※VMインポート仮想ディスク1~4を接続した状態(計3.5TB)でOVF化し、
 仮想ディスク1、2のみHDD1に格納しても、OVFとして整合性が合わないため、
 インポート不可になります。
 

ご利用の流れ


ご利用の流れとして以下となります。
  1. 「ディスク受取サービス(VMインポート)」「ディスク受取サービス」のお申し込み《お客様》
    下記、お問い合わせフォームよりお申し込みください。
    https://inquiry.nifcloud.com/webeq/pub/cloud/disk_auth
  2. 専用ディスク①②③送付《弊社》
  3. 専用ディスク①②③にデータを格納し、弊社に発送《お客様》
  4. 専用ディスク①の中身をVMインポート《弊社》
  5. インポート完了のご連絡《弊社》
  6. コントロールパネルから、サーバーが作成されていることをご確認《お客様》
  7. コントロールパネルより、増設ディスク作成(事前に作成いただいても結構です)《お客様》
  8. 増設ディスク作成完了のご連絡《お客様》
  9. 専用ディスク②③の中身をお客様作成の増設ディスクにデータ転送《弊社》
▽ご参考
仕様・機能【VMインポート】
https://pfs.nifcloud.com/service/vmimport.htm
仕様・機能【ディスク受取サービス】
https://pfs.nifcloud.com/service/post.htm
【ディスク受取サービス サービス仕様書】
https://pfs.nifcloud.com/pdf/post_spec.pdf
【ディスク受取サービス(VMインポート)サービス仕様書】
https://pfs.nifcloud.com/pdf/post_spec_vm.pdf
仕様・機能【増設ディスク】
https://pfs.nifcloud.com/service/disk.htm
クラウドヘルプ【サーバー:VMインポート】
https://pfs.nifcloud.com/help/server/vmimport.htm

アンケート:ご意見をお聞かせください